フィンランド語3 動詞の変化、否定と自己紹介2

フィンランド語2では英語のbe動詞にあたるものの変化がどうなるのかを見ましたが、今回は一般動詞にあたるものの変化を見ていきます。一般動詞も、基本の人称変化の仕方は変わりません。

主語         基本の人称変化
minä        +n
sinä          +t
hän           +母音を伸ばす
me            +mme
te              +tte
he             +vat/vät

では、具体的に話す(puhua)と住む(asua)がどう変化していくのか確認してみます!

主語      動詞の変化                                         主語                 動詞の変化
minä     puhun       私は話します                   minä asun       私は住みます
sinä       puhut        あなたは話します            sinä asut          あなたは住みます
hän       puhuu        彼は話します                   hän asuu         彼は住みます
me        puhumme 私たちは話します            me asumme   私たちは住みます
te          puhutte      あなたたちは話します    te asutte          あなたたちは住みます
he         puhuvat     彼らは話します                he asuvat        彼らは住みます

私は日本語を話します。→Minä puhun japania ja englantia.
(みな ぷふん やぱにあ や えんぐらんてぃあ)
彼はフィンランド語を話します。→Hän puhuu suomea. (はん ぷふー すおめあ)

☆&にあたるのはjaです。「じゃ」とは読まず、「や」と読みます。

私は日本の東京に住んでいます。→Minä asun Japanissa, Tokiossa.
(みな あすん やぱにっさ ときおっさ)
彼らはフィンランドに住んでいます。→He asuvat Suomessa. (へ あすばっと すおめっさ)

☆どこそこに、と場所を示す場合は多くの場合「場所名+ssa」となります。 響きがどこか「あんたがたどこさ」という歌を思い出させます。

では、続いて否定文にいきましょう。これも否定のことば「ei」を変化させていき、そのあとに動詞の語幹をつけます。

 

主語         否定の変化
+動詞の語幹                                                                 主語    否定の変化+動詞の語幹
minä        en ole                  私は~ではありません                  minä  en puhu            私は話しません
sinä          et ole                   あなたは~ではありません           sinä    et puhu            あなたは話しません
hän          ei ole                    彼は~ではありません                  hän     ei puhu            彼は話しません
me           emme ole            私たちは~ではありません           me      emme puhu    私たちは話しません
te              ette ole                あななたちは~ではありません    te        ette puhu        あななたちは話しません
he            eivät ole               彼らは~ではありません               he        eivät puhu      彼らは話しません

 

私は中国人ではありません。→Minä en ole kiinalainen. (みな えん おれ きーならいねん)
私たちはスウェーデン語を話しません。→ Me emme puhu ruotsia.(め えんめ ぷふ るおつぃあ)

では、ちょっとおさらいを兼ねて自己紹介してみましょう☆
私は田中です。  → Minä olen Tanaka. (みな おれん たなか)
私は日本人です。 → Minä olen japanilainen.  (みな おれん やぱにらいねん)
私は結婚しています。→Minä olen naimisissa.(みな おれん ないみしっさ)
私は日本語を話します。→Minä puhun japania. (みな ぷふん やぱにあ)
私はフィンランド語を話しません。→Minä en puhu suomea.(みな えん ぷふ すおめあ)
私はヘルシンキに住んでいます。→Minä asun Helsingissä. (みな あすん へるしんぎっさ)

☆ここまできてお気づきの方はいらっしゃるでしょうが、主語によって動詞が変化するので主語を言わずとも意味は通じます。なので、自己紹介の場合Minäを言わずに、 OlenやPuhunからはじめてもOKです。

 


Share this
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblrmail

You may also like...

Leave a Reply


Warning: Unknown: write failed: Disk quota exceeded (122) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/tmp) in Unknown on line 0