カハヴィラ・スオミ Kahvila Suomi

カハヴィラ・スオミの外観

カハヴィラ・スオミの外観

カハヴィラ・スオミは映画「かもめ食堂」で小林聡美演ずるサチエが店主をつとめる食堂の舞台につかわれたヘルシンキにある食堂です。  映画ではここを舞台に物語がすすんでいきます。 映画の「かもめ食堂」は日本食の食堂ですが、 実際カハヴィラ・スオミは「カフェ・フィンランド」という意味のフィンランド料理と楽しめる場所となっています。 ちなみに日本語のメニューはありますが、 おにぎりなど日本食はありません。

 

うっかりすると通り過ぎてしまうような質素な外観ですが、 ウィンドウにはしっかり青い「Kahvila Suomi」の文字が。 「かもめ食堂」のポスターも飾られています。 お昼時は多くの地元の人や観光客でいっぱいになります。

あたたかい雰囲気の店内

あたたかい雰囲気の店内

店内はフィンランドの国旗をイメージさせる青と白を基調とされ、 天井からつるされているライトも、 木の枠からもれ出る暖かい光で優しい気持ちにさせてくれます。 「かもめ食堂」にも出演したオーナーのタパニさんもやってきたお客さんと談笑したり、 きさくな性格が見てとれます。 観光客だけでなく、 地元の人にも愛されるこの店の人気の秘密はおいしい料理を提供するだけでなく、 オーナーやスタッフの作る誰でもほっと一息つける雰囲気があるからなのではと思います。

 

オーナーのタパニさん 笑顔が素敵です

オーナーのタパニさん 笑顔が素敵です

おすすめは、 日替わりのランチメニューです。  ランチメニューは正面奥、 レジの横に手書きで黒板に書かれていて手作り感が満載です。 数種のメインディッシュ+添えるポテト(フライ、 マッシュ、 ボイル、 チップから選べます)そして野菜サラダ、 各種パン、 コーヒーやジュースなの各種ドリンク、 デザート(日によってはデザートはない)は食べ放題となり、 10ユーロ前後というお手軽価格でかなりおなかいっぱいになります。 ランチメニューは午後3時までとなっていますが日によっては閉店間近の時間でも頼むことができます。

映画ではサチエとミドリが仲良くシナモンロールを作るシーンがあります。 ということで、 映画のシーンを思い出しながら窓際の席でお決まりのシナモンロールとコーヒーを楽しむのも素敵ですね。 ちなみにタパニさんが着ている青い服は15ユーロで販売されています。

ヘルシンキ中央駅からは歩いて20分前後、 もしくは3BのトラムでViisukulma下車+歩いて3分。 (カフェ・エクベリの目の前の駅から2つ目)です。 お店はデザイン・ディストリクトにも近いのでフィンランドのデザインを見て楽しみながら、 お昼に向かうのもいいですね。

住所:Pusimiehenkatu 12
電話:09 65 7422
営業時間:月~金 9:00~21:00
土日は休業
お店のサイトはこちら

☆この記事に関しまして、ご意見・ご質問がありましたら下のコメント欄にお書きください☆

写真提供:http://www.wikimedia.org/, Marcela


Share this
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblrmail

You may also like...

Leave a Reply


Warning: Unknown: write failed: Disk quota exceeded (122) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/tmp) in Unknown on line 0