テンペリアウキオ教会 Temppeliaukionkirkko

教会入り口

教会入り口

テンペリアウキオ教会は年間約50万人もの人々が教会を訪れる、 フィンランド福音ルター派教会に属しているキリスト教会です。 この教会のデザインは、  1961年にデザインコンペで選ばれたスオマライネン兄弟によってされました。 デザインコンペに課せられたのは「教会とともにまわりの公園もデザインする」「なるべく自然の岩を残す」というものでした。 予算の都合上、 当初の予定の4分の1のサイズになってしまいましたが、 1969年に完成し、 聖別が行われました。

教会は大岩をくりぬいた中にあるので入り口はまるで地下シェルターのよう。 しかし中に入ると、 自然光が入り込むように天井部にはガラスがはめ込まれていてとても明るいです。 教会内部の壁はむき出しの岩であるので音響効果が優れており、 コンサートや、 結婚式に使われることもあります。 また、教会の裏には教会の上に続く階段があり、 岩の上でのんびりくつろぐことができます。 すっきりとしたモダンなデザインのこの教会は、 ヘルシンキ大聖堂やウスペンスキー寺院などの華やかな外観のインパクトを比べると人によっては見劣りがするかもしれませんが、 ここではこの教会が岩でできていることに注目していただきたいです。

教会内部

教会内部

フィンランドは森と湖の国として知られていますが、 「岩の国」とも言えるでしょう。 国土全体が亀裂の無い岩盤の上に成立っているので、 道路や宅地面は岩盤を削って切り開かれ、 街中の至るところに岩盤が露出しているところが見られます。 街で工事が行われるときは、岩を砕くダイナマイトの音が鳴り響き、 高速道路の側面には掘削機で破壊された岩が露出しているのを見ることができます。

1万年前以上前にの氷河時代、 国土を覆っていた分厚い氷の膜が動き、 その力で氷床がえぐられました。 氷が解けたあとに削られてできたその穴に水がたまり、 フィンランドの湖が形成されたと考えられています。 テンペリアウキオ教会の岩にはその氷河によって削られて出来た模様を見ることが出来ます。

住所:3, Lutherinkatu 00100 Helsinki
電話: 09 2340 5920
最寄の駅はヘルシンキ中央駅から地下鉄で1つ目のKamppiです。駅ひとつ分なのでわざわざ地下鉄に乗らずとも歩いて行ってもいいでしょう。Kamppiの駅を出た後、 ロータリーがあるRuneberginkatu側に出て右側を見るとはるかかなたに教会が見えます。
☆この記事に関しまして、ご意見・ご質問がありましたら下のコメント欄にお書きください☆


Share this
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblrmail

You may also like...

Leave a Reply


Warning: Unknown: write failed: Disk quota exceeded (122) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/tmp) in Unknown on line 0